sugarblog

思いついた時に、雑に記していく感想ブログ

飲み会をしたくて堪らないこの1年

 

約一年前、結婚を機に東京から地元の宮城県へと転職・引っ越しをした。

 

1月に前職を辞め、2月までに引っ越しや手続き諸々を済ませる。

いざ働こう、そして職場の同僚と仲良くなった暁には飲みにでも行こう。

 

そう思った矢先での、コロナウイルスである。

 

「夏には収束しているであろう」「やっぱ全然落ち着いていないから緊急事態宣言の再発令」「そんな中での東京オリンピックの実施の是非」とぐるんぐるん回り散らかしている日本。

2021年2月現在、起伏はあるが現状はやはり落ち着いていない。

 

 

飲みニケーション

飲みニケーション

 

 

東京での前職は、新卒で入職。中々の体育会系で、先輩とよく飲みに行った。

最初は「連れて行かれた」が正しく、もう苦痛で苦痛で仕方なかったのが本音だ。誘われて「ちょっと今日は、、」というと先輩からは「今日は、何があんの?行けないの?」と詰められては結局参加させられ、そしてつまんなそうな顔をしては先輩に説教され、さらに笑顔が消える。という、近代の若者が陥る典型的な”ダメムーブ”にハマっていた。

 

 

でも、

説教されながらもそんなこんなで付き合いを重ね、よく誘ってくれた先輩とはすっかり仲良くなり、親友の域までになった。

 

入ったばかりの頃は複数人で飲みに行きつまらない顔をしていた自分が、その先輩を誘い飲みに行くまでになった。

 

自分は、すっかり、「飲み会」が好きになった。

 

技あり!dancyu おつまみ

技あり!dancyu おつまみ

  • 発売日: 2018/12/14
  • メディア: Kindle
 

 

新しく入職した先では、そんな先輩どころか、機会さえない。

 

当然だ。コロナウイルスのせいだ。

 

ひたすらに、あの頃が懐かしい。

 

時に仕事の愚痴を言い合い、時に「こうして仕事をした方がいい!」と言い合い、はたまた互いの趣味や恋愛話をしながら、飲み交わす。

たまに喧嘩もして熱くなり、ついつい飲み過ぎて、、次の日にはあまり覚えていない。

 

飲み会は時間もお金もかかるし、無駄だらけである。最近よく見るビジネス系YouTuberは、「飲み会に行くな!定時で上がって副業や自己研鑽をしろ!」と必ず言う。耳タコだ。んなことわかってる。

 

最初は「飲み会が嫌いな部類」だった側なので、嫌な人にとっては本当に嫌なことだってのも、分かる。

 

でも、顔を合わせて、食べて飲みながら話して、喧嘩して、気付いたら帰宅していて、翌朝には記憶が曖昧で、二日酔い。

その時は最悪だが、でも。それがどれだけ好きだったか。

 

無駄っちゃ、無駄だ。無駄だらけである。沢山お金と時間を消費し、結局は覚えていないし体調は最悪。

 

でも、「あれ楽しかったよね?!」や「これ話してたよね?!」っていう答え合わせの時間ももはや愛おしいし、「覚えてないけど、高揚感だけはある」が何よりも心地よい。

 

 

 

そして結局、「リモート飲み」なんかは代替では無くて、「我慢」である。

 

家で飲むのも、当然楽しい。愛する家族と向き合いながら、好きなものを食べ、飲む。普段話せないような照れくさいことなどを、お酒の力を借り、話す。と思ったら突然真剣な話もしたり。向き合う時間が増える。

友人と飲みたい!そんな時は、LINEやzoomといったものを使用し、リモートで繋がる。たまに「あれっ?!フリーズした?!」みたいなのを挟みながら、楽しむ。

 

でも、でも、、、!!やっぱり、、、!!

居酒屋のあの酒臭さとタバコの臭いが混じった臭いや、バーの薄暗い雰囲気で酔ったり、、、それが今となっては最高に嬉しくて楽しくて。どうしてもリモートは、それには敵わない。

 

友人と飲みたくてリモート飲みを設置しても、側には家族が居る。家族は飲み会の会話を聞いて心地良いだろうか。気にしないだろうか。この話題を出していいのだろうか。「気にしないよ!」は、「気にしている」と同意義だと私は考えている。余計な心配や配慮はしたくない。結局自分は、「お店での飲み会」が好きだ。

 

 

 

みんな分かってる。

 

リモートなんかは仕事だけにして、早くみんなで顔を合わせて飲み会をしたい。バカ騒ぎがしたい。たまにお酒でハメをはずしたい。

 

早くあの頃の日常を取り戻すために。みんなでまた一丸となって、生き抜きましょう。

 

(ちなみに、飲み会は好きだけど、上司の「接待」「気遣い」を要する飲み会は嫌いである。そこだけソーシャルディスタンス。)